Windows10|邪魔な3Dオブジェクトを削除(非表示)にする手順

この記事では、Windows10 エクスプローラーの邪魔な3Dオブジェクトを削除(非表示)にする手順を説明します。

レジストリを削除するのではなく、レジストリに値を追加する方法なので安全です。

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリを書き換えていきます。作業を間違えると、PCの動作に不具合が出たり、起動しなくなる可能性があります。自己責任でできる方のみに作業をおすすめいたします。なお、レジストリの書き換えによる動作不良・故障には責任を負いかねます。

1. エディタでレジストリを探す

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリエディターを開いた画像

検索窓で「regedit」を検索するとレジストリエディターが見つかります。

管理者として実行し、レジストリエディターを開きます。

『3Dオブジェクト』のレジストリを探します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Explorer¥FolderDescriptions¥{31C0DD25-9439-4F12-BF41-7FF4EDA38722}

2. レジストリに新規キー「PropertyBag」を追加

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリの新規キーを追加する画像

レジストリを右クリックして、新規(N)からキー(K)を選択してキーを追加します。

※「PropertyBag」がすでに在る場合は追加する必要はありません。

キーの名前「新しいキー #1」を「PropertyBag」に変更します。

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリの新規キーの名前を「PropertyBag」に変更する画像

3. 「PropertyBag」に文字列値「ThisPCPolicy」を追加

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリの文字列を追加する画像

キー「PropertyBag」を右クリックして、新規(N)から文字列値(S)を選択して文字列値を追加します。

文字列値の名前「新しい値 #1」を「ThisPCPolicy」にします。

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリの文字列の名前を「ThisPCPolicy」に変更する画像

4. 「ThisPCPolicy」の値を”Hide”に変更

3Dオブジェクトを削除・非表示にするためにレジストリの値を「Hide」に変更する画像

文字列値「ThisPCPolicy」をダブルクリックして、文字列の編集を開きます。

値のデータを「Hide」に修正します。

5. エクスプローラーまたはPCを再起動

設定を反映させるためにエクスプローラーまたはPCを再起動します。

レジストリの書き換えが成功していれば、『3Dオブジェクト』が表示されなくなったことを確認できます。

3Dオブジェクトを再表示するには

3Dオブジェクトを再表示にするためにレジストリの値を「Show」に変更する画像

非表示にした『3Dオブジェクト』を再表示するには、文字列値「ThisPCPolicy」の値を「Show」にします。

Windows10|邪魔なクイックアクセスを削除・非表示にする手順
PC
あんちょこ
タイトルとURLをコピーしました