SQLiteでUSBメモリにデータベースを構築!HeidiSQLならGUIで直感的

SQLiteを使った携帯できるデータベース構築の方法です。

データベースをUSBメモリで持ち歩けたら…どこでも出先のPCで使えて便利です。

バックアップもDBファイルをコピーするだけの手軽さ。

環境構築でインストールやPATHを通す必要はありません。

GUIツールにHeidiSQLポータブル版を使うので、初めての方でも簡単にポータブル・データベースを作れます。

【はじめに】どんなデータベースができるのか?

USBメモリにSQLiteと、それを操作するHeidiハイジSQLを入れて、ポータブルなデータベースを作ります。

SQLiteとHeidiSQLをUSBメモリに内包してポータブルデータベースを構築した様子を示す画像

せっかくなので、USBメモリも愛用している超小型な東芝製USBメモリ TransMemoryにしました。

ポータブル・データベースにぴったりのサイズ感です。

手順1. SQLiteをダウンロード

SQLiteのダウンロードはSQLite公式サイトからどうぞ。

「sqlite-tools….」と書かれたzipファイルを選択します。

SQLiteのダウンロードの方法を示す画像

ダウンロードしたらzipファイルを解凍して、展開したフォルダをUSBメモリに移動します。

SQLiteをUSBメモリに移動する様子を示す画像

このあとコマンドプロンプトを使ってアクセスするので、フォルダの名前を任意の短い名前に変更しておくと作業しやすいです。今回は「sqlite」にリネームして説明していきます。

手順2. SQLiteのデータベースを作成

SQLiteは、1ファイル=1データベースの構成になります。

データベースはコマンドプロンプトで作成します。

データベースにテーブルを作成したタイミングで、ファイルとして姿を現します。

HeidiSQLで扱えるSQLliteデータベースの拡張子は、.sqlite3.sqlite.db.s3dbです。

今回は映画のデータベースを作ってみます。拡張子は.dbを使用して説明します。

 

① USBメモリのドライブ(Dドライブとして説明します)を指定します。D:と入力します。

C:Users¥administrator>D:

② 移動しておいたsqliteフォルダ(=ディレクトリ)を指定します。cd ¥sqliteと入力します。

D:¥>cd ¥sqlite

③ sqliteディレクトリでデータベースを作成します。データベースの名前を「movie.db」とする場合は、sqlite3 movie.dbと入力します。

D:¥sqlite>sqlite3 movie.db

④ 続けてテーブルも作成します。テーブルの名前を「drama」とする場合は、create table drama(title, releaseyear);と入力します。

SQLite version 3.31.1 2020-01-27 19:55:54
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> create table drama(title, releaseyear);

SQLiteのデータベースが生成された様子を示す画像

手順3. HeidiSQLをダウンロード

SQLiteのダウンロードはHeidiSQL公式サイトからどうぞ。

Downloads > Portableを選択します。

HeidiSQLをダウンロードする様子を示す画像

ダウンロードしたらzipファイルを解凍して、展開したフォルダをUSBメモリに移動します。

手順4. HeidiSQLでデータベースに接続

移動したHeidiSQLフォルダの中の「HeidiSQL.exe」をクリックして起動します。

セッション名は任意で構いません。

HeidiSQLのセッションマネージャーでSQLiteの設定をする様子を示す画像

ネットワーク種別 SQLite (Experimental)
Library: sqlite3.dll
Database filename: 作成したデータベース

SQLiteに接続すると、HeidiSQLが開きます。

HeidiSQLでSQLiteデータベースに接続した様子を示す画像

HeidiSQLに接続さえできてしまえば、テーブルを作成したり、データを修正したり…、GUIで直感的な操作が実現します。

HeidiSQLの画面の文字がちょっとボヤっとしてる場合は、DPI設定を変えるとくっきりします。

Windows|文字がぼやける・にじむアプリをくっきり!に直す方法
開発
あんちょこ
タイトルとURLをコピーしました