PyScripter|エディタ オプション・設定項目一覧(日本語版)

PyScripterのエディタオプションの設定項目一覧の日本語版です。エディタ オプションでPyScripterの使い勝手を自分好みに変更できます。

オプション

自動インデント 自動インデントを有効にして、新しい行が前の行のインデントを保持するようにします。
右クリック時にカーソルを移動 右マウスでクリックしてポップアップメニューを表示する場合は、その位置にカーソルを移動します。
編集中のドラッグアンドドロップ 有効にすると、テキストをドラッグして別の位置にドロップできます。
End キーの強化 Endキーは、拡張ホームに似た方法で動作します。
テキスト折り返し ワードラップを有効/無効にします。
Home キーの強化 アクティブにしてHomeキーを1回使用すると、キャレットは最初に出現する空白以外の場所に配置され、2回目には1列目に配置されます。
ALTで矩形選択モード アクティブにした場合、Altキーはエディターを列選択モードに設定します。つまり、テキストから列を選択できるようになります。
タブをスペースに変換する 入力中にタブをスペースに置き換えます。
キャレットのカラム位置を維持 オプション「行の終わりを超えてスクロール」なしで行を移動する場合、カーソルの列位置を保持します。
スマートタブ削除 スマートタブに似ていますが、BackSpaceキーによる文字の削除に適用されます。
タブインデント テキストを選択すると、Tabキーでインデントし、Shift-Tabキーで選択したインデントを解除します。
スマートタブ タブを押すと、カーソルは前の行の次の空白以外の文字に移動します。
半ページスクロール PageDownキーとPageUpキーでスクロールするときに、全画面ではなく半画面のスクロール。
行末のスペースを削除 行末のすべてのスペースを削除します。
1行でスクロール ページ長より1行短いページをスクロールします。
特殊な文字の表示 TABや改行などの特殊文字を表示します。
ファイルの最後を超えてスクロール スクロールバーがコード終末を超えた範囲にまで及びます。
スクロール矢印を無効にする その方向にそれ以上スクロールできない場合、スクロールバーの矢印ボタンを無効にします。
行の最後を超えてスクロール カーソルをコード行末を超えた位置に配置できます。
グループで元に戻す 結果としての編集アクションは、元に戻す/やり直す。
スクロールヒントを表示 エディターをスクロールしたときに、表示されている行の番号を示すヒントウィンドウを表示します。
必要に応じてスクロールバーを隠します 有効にすると、スクロールバーは必要な場合にのみ表示されます。「行末までスクロール」を選択した場合、水平バーは常にそこにあります。
クロールヒントをマウスに追従 スクロールヒントは、垂直方向にスクロールするときにマウスに追従します。

キャレット

キャレットの挿入/上書き:
挿入および上書きエディターモードで表示するキャレットを選択します。

すべてのエディタに適用

選択した場合、選択したテキストの背景にテーマ固有の色が使用されます。それ以外の場合は、Windowsハイライトの色が使用されます。エディタの前景色が黒でないか、背景色が白でない場合、このオプションは無視されることに注意してください。

タイトルとURLをコピーしました