熨斗(のし)紙・掛け紙の種類【水引の意味で用途がわかる】

熨斗(のし)紙・掛け紙の種類は基本的には3種類です。

水引(紐のこと)の結び方の意味を知れば、用途がわかります。

  • 蝶結び・色付き:何度あっても喜ばしいこと。
  • 結び切り・色付き:一度きりであるべき喜ばしいこと。
  • 結び切り・色なし:一度きりであるべき忌まわしいこと。

熨斗紙・蝶結び

蝶結びは、結んで、ほどいてを何度も繰り返すことができる結び方です。

そのため、何度あっても喜ばしいことに使われます。

  • 出産祝い
  • お中元、お歳暮
  • 子供の行事、入学、卒業など
  • 新築祝い
  • 栄転、退職
  • 長寿

(内祝いも同じ扱いです。)

蝶結びは、お祝いごとの全般に使われます。ただし、結婚ごとは繰り返してはならないため、結び切りを使います。

熨斗紙・結び切り

結び切りは、結んでも、なかなかほどくことができない結び方です。

そのため、一度きりであるべきことに使われます。

  • 結婚祝い
  • 退院祝い、快気祝い

(内祝いも同じ扱いです。)

ご祝儀袋でよく見かける結び方は「あわび結び」と呼ばれます。これもほどけない結び切りです。

掛け紙・結び切り

結んでも、なかなかほどくことができない結び切りは、葬儀にも使われます。

忌まわしいときは、水引(紐)に色なしを選びます。

  • 葬儀後の供物

(返礼も同じ扱いです。)

お祝いごとと違い、突然に見舞われる不幸には不祝儀袋をいくつか常備しておくと便利です。

まとめ

  • 蝶結びは、何度あっても喜ばしいことに使われる。お祝いごとの全般に使われる。
  • 結び切りは、一度きりであるべきことに使われる。結婚祝い、退院・快気祝い。
  • 結び切りの色無しは、弔事に使われる。
祝儀、内祝、香典、贈答の金額相場【常識的にいくら包む?】
暮らし
あんちょこ
タイトルとURLをコピーしました