幼児用ライフジャケット【体重15kg未満の子どもの命を守る】

小さい子供が着用できるライフジャケットってあるのかな。

どういうところに注意して探せばいいんだろう。

ライフジャケットのうち、幼児用の対象となるのは体重15kg未満の幼児です。

幼児用ライフジャケットに必要な浮力は4kg。股ベルトが付いていることが望ましいです。

サクラマークが付いていてすべての小型船舶で使用できる安全性を持つのはブルーストームのライフジャケットです。

この記事では、幼児用ライフジャケットについて解説します。

子供用ライフジャケットおすすめベスト3【安全性と信頼性】

幼児用ライフジャケットとは

JCI(日本小型船舶検査機構)の試験基準では、体重15kg未満の子供用がLC2規格となっています。

  • 子供用(LC1):体重15~40kg / 浮力5kg
  • 子供用(LC2):体重15kg未満 / 浮力4kg

各メーカーからリリースされている幼児用ライフジャケットはLC2規格にあたります。

幼児用ライフジャケットの注意点

幼児用ライフジャケットを購入する際は、次の点に注意します。

  • 浮力が4kg以上ある。
  • 顔面が水面の上に出るよう枕が付いている。
  • 股ベルトが付いている。

股ベルトは子供の抜け落ちを防止する大切な役割を持っています。購入に際しては必ず股ベルトが付いていることを確認します。

もし、小型船舶への乗船に使用する場合は、サクラマークが付いているライフジャケットが義務付けられています。サクラマークが付いている幼児用ライフジャケットはブルーストームだけになります。

ブルーストーム

出典:Amazon

幼児用でありながら、サクラマークが付いているのはブルーストームのライフジャケットです。

ブルーストームは、大阪で昭和10年から救命器具を製造・販売している高階たかしな救命器具株式会社のブランドです。

長い実績に裏付けられた信頼性の高い製品です。海でも川でも、オールマイティに使用できる幼児用ライフジャケットです。

幼児用のSサイズには頭部を支える枕が付いています。うつ伏せに落水しても回転して顔面が水面に出るように設計されています。

ヒューペ Sサイズ 

  • 身長:80~100cm
  • 体重:10~15kg未満
  • 定価¥5,500

個人的にもっとも良い製品だと感じました。信頼性が高く、デザインも良いです。

ハイパーライト

出典:Amazon

ウェイクボードを世に広めたハイパーライトからも幼児用ライフジャケットが販売されています。

本国アメリカらしいカラーリングで、デザインが良い製品です。

サクラマークは付いていませんが、アメリカ合衆国の安全性規格であるULマークが付いています。

日本国内で小型船舶の乗船に使用することはできません。(別途検査で使用が認められることがあります。)

TODDLER INDY CGA VEST 

  • 胸囲:41~51cm
  • 体重:15kg未満
  • 実売価格¥4,000程度

AQA(エーキューエー)

出典:Amazon

AQA(エーキューエー。※アクアではありません。)の幼児用ライフジャケットは、ポップで可愛いデザインです。

枕が付いているので、頭が水面の上に保たれます。抜け落ち防止の股ベルトが付いているのも安心です。

サクラマークは付いていませんが、RAC川育ライフジャケット認定品です。

日本国内で小型船舶の乗船に使用することはできません。

インファントDX 

  • 胸囲:50cm以下
  • 体重:15kg未満
  • 定価¥4,400

まとめ

  • 幼児用ライフジャケットを購入する際は、浮力が4kg以上ある。股ベルトが付いている。
  • 幼児用ライフジャケットの多くは、顔面が水面の上に出るよう枕が付いている。
  • ブルーストームの幼児用ライフジャケットは、うつ伏せに落水しても回転して顔面が水面に出るように設計されている。
子供用ライフジャケットおすすめベスト3【安全性と信頼性】
タイトルとURLをコピーしました