コンパクトな子供用ライフジャケット【持ち運びが楽な製品】

コンパクトに持ち運びできる子供用ライフジャケットってあるのかな。

コンパクトで良い商品があれば知りたい。

コンパクトに持ち運びできる子供用ライフジャケットは、少ないですが製品は存在します。

しかし、コンパクトさを実現したがゆえに安全性が犠牲になることは仕方ないことです。

子供に着用させるなら固型式が良いです。落水してもすぐに浮く構造になっているからです。

この記事では、子供用ライフジャケットでコンパクトな商品について紹介しています。

子供用ライフジャケットおすすめベスト3【安全性と信頼性】

コンパクトなライフジャケット

コンパクトなライフジャケットは、安全性が犠牲になります。

ライフジャケットにコンパクトさを求めると、次の方式・タイプのいずれかに分けられます。

  • 折りたためるタイプ:固型式。ポリエチレンフォームを使用しつつ、折りたたみできるのでコンパクトに持ち運べる。ただし、小型船舶での使用はできない。
  • 空気を入れるタイプ:ライフジャケットではなく、シュノーケリングベスト。空気が抜ける可能性があるので、幼児や泳げない子供に着用させることはできない。
  • 炭酸ガス膨張式:落水時に自分でフックを引いて膨張させるか、または着水を検知して自動で膨張するタイプのライフジャケット。コンパクトに持ち運びできる。

折りたためるタイプのフローティングベストは固型式です。子供に着用させるのには最適な構造です。コンパクトに折りたたみしないなら、安全性がもっとも高いライフジャケットを製造できる構造です。

空気を入れるタイプのジャケットは、シュノーケリングベストとも呼ばれます。空気が抜けやすく、抜けたときは自分で吹いて充填することが前提となります。子供に着用させるのは不安な構造です。

炭酸ガス膨張式のライフジャケットは、大人用のものを子供に着用させることになります。ウエストのサイズさえ合えば着用できます。ただし、使用前には、ちゃんと膨張することをテストする必要があります。

子供に着用させる場合にもっとも安全なのは固型式のライフジャケットです。ポリエチレンフォームのおかげで、すぐに浮く性質を持っています。落水したときに子供がパニックになったり、気絶するようなことがあっても、固型式ならすぐに浮いてくれる安全性があります。

キャプテンスタッグ(折りたためるタイプ)

出典:Amazon

キャンプ用品メーカーで有名なキャプテンスタッグのフローティングベストです。

アウトドアに精通した新潟三条にある日本のメーカーであることも安心できます。

あくまでも水辺で遊ぶ時の浮力補助具となります。ポリエチレンフォームのおかげですぐに浮きあがるので、子供用のジャケットとして最適です。

キャンプ場の川場など、岸から近い場所での使用に限られます。小型船舶の乗船には使用できません。

  • 身長:80~120cm
  • 胸囲:50~60cm
  • 体重:30~45kg
  • 定価¥4,950

キャプテンスタッグは、サクラマークが付いたライフジャケットもリリースしています。こちらの記事で紹介しています。

リーフツアラー(空気を入れるタイプ)

出典:Amazon

空気を入れるタイプのシュノーケリングベストで人気なのがREEF TOURERのベストです。安全性が犠牲になっているため、ライフジャケットとは言えません。

B5サイズに折りたたんで持ち運びできます。使用するときに空気を入れて膨らませます。

しかし、使用中に空気が抜けることを覚悟して使用するべきです。子供に着用させるシュノーケリングベストとしては不安のある構造です。

砂浜の浅瀬や、岸から近い水場での使用に限られます。当然、小型船舶に乗船する目的では使用できません。

  • 身長:95~150cm
  • 浮力:5.4kg
  • 実売価格¥4,000程度

ダイワ(炭酸ガス膨張式)

出典:Amazon

釣りをする方なら誰でも知っている釣具ブランド、ダイワからは膨張式のライフジャケットが販売されています。

ウエストのサイズが合えば子供でも着用できます。大人用なので膨張時の浮力が7.5kg(体重75kg)です。

膨張式のライフジャケットを着用する場合は、落水したときに一時的に泳げることが前提です。また、自動膨張式のライフジャケットが落水時に膨張しなかったときは、手動でフックを引く必要があります。

サクラマーク・タイプAが付いているので、すべての小型船舶への乗船に使用できます。

  • ウエスト:55~140cm
  • 定価¥19,900

海釣りの子供用ライフジャケット【堤防・磯・船で安全に楽しむ】

まとめ

  • コンパクトなライフジャケットは、安全性が犠牲になる。
  • コンパクトさを実現すると、折りたためるタイプ・空気を入れるタイプ・炭酸ガス膨張式のいずれかになる。
  • 子供に着用させる場合にもっとも安全なのは固型式のライフジャケット。
  • 固型式は、コンパクトに折りたたみしないなら、安全性がもっとも高いライフジャケットを製造できる構造。

コンパクトさを重視した子供用ジャケットは、キャプテンスタッグのフローティングベストが一番良い製品だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました