コンビニで買える消化に良い食べ物【お腹にやさしい食品】

コンビニで買える、消化に良い食べ物・お腹にやさしい食品7つ。

お腹をこわしていたり、体調不良で胃腸が弱っているときは、近くのコンビニでなんとか済ませたいものです。

食欲がなければ、ゼリー・プリンがおすすめです。

コンビニで買える消化に良い食べ物

食べ物 特徴・説明
おかゆ
300~350円
とても消化に良い。食べごたえがある。梅・玉子など和風がお腹にやさしい。
うどん
300~400円
消化に良い。食べごたえがある。鍋焼きなど暖かいうどんがおすすめ。
食パン
100~200円
消化に良い。食べごたえがある。菓子パンではなく食パンが良い。
バナナ
100~150円
消化に良い。食べごたえがある。くだものの中でも腹持ちが良い。
とうふ
100~200円
とても消化に良い。栄養価の高い豆腐なら、それだけでも栄養補給になる。
ゼリー
100~200円
とても消化に良い。食欲があれば、果肉入りは食べた感がある。
プリン
100~150円
とても消化に良い。スイーツなら食べれそうなときはプリンがおすすめ。

食欲がある場合

おかゆ

おかゆ(お粥)はあらゆる体調不良のときに食べられる、消化に良い食べ物の定番です。

パック型の商品が主流でしたが、コンビニではどんぶり容器に入ったボリュームのあるおかゆも見かけるようになりました。

中華風などさまざまな商品がありますが、昔からの定番、梅・玉子など和風のおかゆがお腹にやさしいのでおすすめです。

うどん

うどんは消化の良い食べ物として、病院食でもよく出されているほどです。

コンビニでは、どんぶり容器に入って売られている生麺のものがおすすめです

「鍋焼きうどん」「さぬきうどん」ような、温かいうどんのほうがお腹にやさしいです。

※カップ麺のことではありません。

食パン

食欲があるなら、食パンは手に入れやすく、お腹を満たしてくれる食べ物です。

食べやすいからと菓子パンを選びたくなりますが、消化に良いのは食パンになります。

よく噛んで食べることで消化しやすくなります。

バナナ

バナナには食物繊維が多く、整腸作用に優れています。

くだものは全般的に消化に良い物が多いのですが、その中でもバナナは腹持ちが良いです。

生鮮食品なので、コンビニによっては置かれていないことがあります。

食欲がない場合

とうふ

豆腐(とうふ)は消化吸収に優れていて、栄養価も高い食べ物です。特に木綿豆腐は栄養価が高いです。

コンビニでよく見かけるのは「きぬ豆腐」ですが、食欲がないときは豆腐だけでも栄養補給できます。

冷奴は食べやすいのですが、お腹を冷やしたくなければ温めて食べることをおすすめします。

ゼリー

ゼリーは肉や魚の煮こごりと同様のものであり、消化に良い食べ物になります。

コンビニでは、ゼリーコーナーにたくさんの種類の商品が置かれています。

食欲がないときでも、果肉入りのゼリーなら食べた感があるのでおすすめです。

プリン

プリンなら、特にカスタードプリンは消化に良い食べ物です。

コンビニでは人気スイーツとして高級プリンも置かれていますが、定番の安価なカスタードプリンでも十分です。

「食欲がないけどスイーツなら食べられそう」ならプリンがおすすめです。

消化が気になるときは食べないほうがいい食べ物

コンビニで買えるものでも、消化が気になるときは食べないほうがいい食べ物があります。

納豆

納豆は食物繊維が多く、腸の働きを整える効果があります。ただ、豆類なので消化されにくいです。

体調が戻ってから食べた方が良い食べ物です。

ヨーグルト

体調の悪いときにも、さっぱりとした食べやすさがあります。しかし、乳製品は特に腸の働きを活発にします。

効果が強く出てしまうとお腹がゆるくなることがあります。

おでん

おでんは具材が柔らかく煮込まれていて、消化に良い食べ物です。しかし、コンビニの店内に出しっぱなしになっているおでんは、あまり衛生的ではないものです。

またお腹をこわすきっかけになるかもしれません。レジ前に出ているおでんは避けたほうがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました