マウスを持つと手首が痛い…タッチパッドで解決した体験談

マウスを持つとズーンと手首が痛い。パソコンに向かうのがつらい。

私の右手首は、マウス操作が嫌になるほどの重い痛みが慢性化していました。

マウスを持つと手首が痛い…
手首の痛みを軽減する方法ってあるのかな

すぐにできる対策は、マウスを右手から左手に持ち変えることです。

しかし、左手だっていつ痛くなるかわかりません。

思いつく対策をいろいろ試した結果、私の右手首の痛みは、タッチパッドが解決してくれました。

この記事では、マウスによる手首の痛みの対策と、解決した体験を書きつづっていきます。

マウスを持つと手首が痛い!その症状とは

私の場合は、マウスを持つと右手首がズーンと痛い。

ときどき、手の甲までピキッと痛みが走るようになりました。これって、マウス腱鞘炎なのかも。

こうなるとマウス操作だけじゃなくて、タイピングも辛くなってきます。

どんなときに痛みを強く感じているのか…

注意してみると、次の操作のときに痛みが強いようでした。

  • 画像(写真)の編集中のピクセル単位の緻密な操作。トリミング、範囲選択など。
  • プログラミング中のコピーペースト。カーソルでの範囲選択。

範囲選択のような細かいマウス操作では、無意識のうちに余計なりきみが生まれていたようです。

手首クッションは効果なし

はじめは、手首の角度を疑いました。

そこで、100均で買ってきたクッションを手首の下に入れてみました。

このクッションは生地に伸縮性があるビーズクッションで、手首を乗せるとフワッと沈みます。

手先がやや垂れる感じになって、マウスをつかむ手の姿勢が楽になったように感じました。

しかし、手首のズーンとした痛みはなかなか消えませんでした。

私の場合は、手首クッションは効果なしでした。

左手マウスはすぐに試せる対策

左手マウスは効果的でした。

右手でマウス操作をしないのだから当たり前ですね^^;

お金をかけずに、すぐに試せる対策方法です。

コツは、マウスボタン(左右)の割り当てを直さないこと。

左手マウスと聞くと、マウスボタンの割り当てを左手用に直すイメージを持つ方も多いと思います。

しかし、マウスは何もせずそのまま、ただ左手に持ち変えることをおすすめします。

左クリック:左手中指

右クリック:左手人差し指

マウスはそのままにしたほうが良い理由は2つあります。

  • 一時的にマウスを右手に持ち変えることがある。(画像編集など精度の高い操作をするとき)
  • 他人にマウス操作させることがある。

つまり、右手でも操作できる状態の方が利便性が高いということです。

左手マウスは最初、すごい違和感があります。でも、我慢して使っていると慣れてきます。

私は2週間ほどで慣れました。

私の慢性的な手首の痛みは、スモールサイズのBluetoothマウスに原因があったように思います。

Bluetoothマウスは電池2本が入っていて重く、スモールサイズなので指先に余計なりきみが生まれて、それが手首の痛みにつながっていたのです。

ところが、左手マウスにも慣れて半年くらい経つと、今度は左手首に辛さを感じるようになってきました。

マウスを左手に持ち変えたところで、余計なりきみの解決にはならなかったわけです。

トラックボールはニーズに合わない

代替案として、トラックボールも考えましたが、

  • 本体が大き過ぎる。
  • メンテナンスが面倒くさそう。(ゴミが入りやすそう)
  • 持ち運びづらい。

自分のニーズには合わない感じがして、買う決心がつきませんでした。

タッチパッドは最良の解消法

私は、自宅で使用しているiMacでは手首の痛みを感じないことに気が付きました。

iMacはタッチパッドです。

そこで、会社のWindowsPC用にタッチパッドを買ってみることにしました。

機能面の条件は、

  • ウェブブラウザの直感的な操作ができること
  • Excel(エクセル)の表の水平移動ができること

この条件を満たす製品、Logicool T650を見つけました。

思惑は当たり、マウスを持つと手首が痛い症状から完全に逃れることができました。

現在、Logicool T650は製造終了のため価格が高騰しています。

代替品を探してみたところ、「Jelly Comb USBタッチパッド」という製品がありました。アルミ素材で薄くて軽量、高級感があります。

Jelly Comb USBタッチパッドをAmazonで見る

Logicool T650 ワイヤレスタッチパッド(実売価格:20,500円)

  • 対応OS:Windows10、8、7/li>
  • 接続:Bluetooth、USB有線
  • バッテリー:充電式バッテリー内蔵

サンワダイレクト タッチパッド(実売価格:5,000円)

  • 対応OS:Windows10、8、7
  • 接続:USB有線
  • バッテリー:なし

まとめ

  • マウスを持つと手首が痛いのは、マウス腱鞘炎の可能性がある。
  • すぐにできる対策は、マウスを右手から左手に持ち変えること。
  • タッチパッドが根本的な解消法。
  • Logicool T650は製造終了。Jelly Comb USBタッチパッドがおすすめ。
ガジェット
あんちょこ
タイトルとURLをコピーしました