ボリンジャーバンドの使い方 バンドウォーク=トレンド順張りサイン

相場の値動き予測において、ボリンジャーバンドは信頼できるインジケーターです。

トレンド中はバンドウォーク、レンジ相場はリバウンドに使うことで、精度の高いエントリーチャンスを得ることができます。

バイナリーオプションで使うときの設定は、デフォルトのまま

  • 期間:20
  • 偏差:2.0

でバランスが取れています。5分足でバンドタッチを確認しつつ、1分足でエントリー機会を伺うのがおすすめです。

ボリンジャーバンドの使い方:トレンド中のバンドウォーク

ボリンジャーバンドに沿ってトレンド時にバンドウォークする様子を示す画像
トレンドにおいて、ローソク足がボリンジャーバンドに沿ってバンドウォークしている様子

トレンドが出始めると、ボリンジャーバンドは急に幅を広げて(エクスパンションして)いきます。

トレンド中はローソク足がボリンジャーバンドに沿って並んでいく「バンドウォーク」が見られます。

エントリーチャンスは、ローソク足の頭(下降のときは逆)がボリンジャーバンド±2σを突き出して並び始めたタイミングで『順張り』です。

※考案者であるボリンジャー本人が「ボリンジャーバンドはトレンドの順張りにこそ有効なものである」と言っているくらいです。

ボリンジャーバンドの使い方:レンジ相場のリバウンド

ボリンジャーバンドに反発する値動きがサインになることを示す画像
レンジ相場において、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチしてリバウンドを繰り返している様子

値動きの幅が小さい横ばいのレンジ相場では、ボリンジャーバンドをリバウンド(反発)のサインとして使えます。

偏差を±2σに設定した場合、値動きの約95%がバンド内に入っていることになります。

エントリーチャンスは、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチして、その戻り足が現れたタイミングになります。

ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドの設定で主に使う項目は「期間」「偏差」です。

期間

値(本) 説明
10 精度がやや落ちるが、トレンドへの反応は早い。
20(デフォルト) 精度と反応のバランスが良い。
30 精度が高い。トレンドへの反応が遅い。

期間の値は日足で見れば日数ですが、バイナリーオプションのように1分足・5分足で見るときは単にローソク足の本数ということになります。チャートでは「線の滑らかさ」となって表れます。

偏差

値(σ) 説明
68%と精度が落ちるが、幅が狭まるためチャンスは多くなる。
2(デフォルト) 95%の十分な精度。精度とチャンスのバランスが良い。
99%と非常に精度が高い。幅が広いためチャンスが少ない。

偏差はバンドの幅になります。期間における標準偏差(偏差値)を設定できます。単位はσ(シグマ)です。
ボリンジャーバンドの標準偏差の差1σ、2σ、3σの違いを説明する画像

MT4 ボリンジャーバンドの表示方法

MT4でボリンジャーバンドを設定する方法

MT4でボリンジャーバンドを表示するには、ナビゲーターメニューから「Bollinger Bands」を選択します。

  1. MT4の画面左上で「ナビゲーター(黄色い星印のボタン)」でナビゲーターを表示する
  2. ナビゲーターの中の インディケータ > トレンド > Bollinger Bands をダブルクリックする

 

タイトルとURLをコピーしました