マイクスタンドにカメラを取りつける方法|三脚用の変換ネジ・アダプター

マイクスタンドを持っている場合、カメラの三脚替わりに使うのが便利です。

アダプター(変換ネジ)は、マイクスタンド側のネジ規格から選びます。

多くの場合は3/8″-1/4″、または5/8″-1/4″のアダプターになります。

マイクスタンドとカメラのネジ規格についてまとめました。

アダプター(変換ネジ)の選び方

マイクスタンド側のネジ規格の多くは3/8″(AKG規格)、もしくは5/8″(SHURE規格)です。
※ ” はインチ(Inch)のことです。

ネジ規格の関係性
マイク
スタンド
アダプター
変換ネジ
カメラ
3/8-AKG規格 3/8-1/4変換ネジ 1/4-カメラ規格
5/8-SHURE規格 5/8-1/4変換ネジ 1/4-カメラ規格

マイクスタンドのネジ部分が細ければ3/8″、太ければ5/8″と見分けがつきます。

カメラのネジ規格は1/4″がほとんど

カメラ側のネジ規格は、ほとんど例外なく1/4″です。よってマイクスタンドのネジ規格を1/4″に変換すると、雲台などのカメラ用品が使いやすくなります。

まとめ

  • アダプターは3/8″-1/4″、または5/8″-1/4″
  • マイクスタンドのネジ規格の多くは3/8″(細い)、もしくは5/8″(太い)。
  • カメラのネジ規格は1/4″。

カメラ用品は種類が豊富で多様です。変換アダプタを使えば、マイクスタンドでカメラ用品を有効活用できます。

マイクスタンドのネジ規格は3/8″(AKG規格)がおすすめ

マイクスタンドをまだ持っていなくてこれから購入するなら、おすすめは、3/8″(AKG規格)のマイクスタンドです。ほとんどのメーカーが3/8″を採用しています。

  • K&M(コーニッグ・アンド・マイヤー)
  • KC(キョーリツ)
  • CLASSIC PRO
  • HERCULES
  • TAMA

3/8″に対応するマイク関連のパーツ(マイクホルダー、グースネックなど)も多くなります。SHUREのマイク(5/8″)を取り付ける場合の変換アダプタ(3/8″-5/8″)も、各メーカーから販売されており手に入れやすいです。

shure-adapter

ガジェット
あんちょこ
タイトルとURLをコピーしました